COLUMN

住宅コラム

クローゼットの種類

みんなはどうしてる?クローゼット収納

お家を建てる時に多くの方がこだわるポイントでもあるクローゼット。
実はいろんな種類のクローゼットがあるのですが、ご存知ですか?

大きく分けると4種類の収納タイプがあります。

●壁面クローゼット
●ウォ−クインクローゼット
Ⅰ型/Ⅱ型/L型/コの字型
●ウォークスルークローゼット
●ファミリークローゼット

種類別メリット・デメリット

壁面クローゼット

室内の壁面に奥行きを浅くし、ハンガーをかけるレールをつけて設置するのが一般的なタイプ。
みんなはどうしてる?クローゼット収納

●メリット
・小スペースで収納が可能
・室内にて衣類の出し入れや着替えができる
・デッドスペースなどを活用できる
●デメリット
・クローゼットの分だけ部屋が狭くなる
・クローゼット前に家具などのものを置けない
(レイアウトが制限される)
・大きいものやかさばるものは収納に工夫が必要

ウォ−クインクローゼット

中に人が歩けるスペースのある、奥行きのあるタイプ。
みんなはどうしてる?クローゼット収納

●メリット
・内部で着替えが可能
・衣類をまとめて管理できる
・収納量が多い

●デメリット
・スペースに余裕がないと設置できない
・相対的に居室空間が狭くなる
・通路スペースに物を収納出来ない

ウォ−クスルークローゼット

出入り口が2か所以上あり、通り抜けができるタイプ。
(中が見えることが気になる方はカーテンやスクリーン等で目隠しをする)
みんなはどうしてる?クローゼット収納

●メリット
・回遊性が高いので空間を広く感じる
・通り抜けながら衣類を整えることができる
・通路を廊下と兼ねれば無駄なく床面積を使える

●デメリット
・広いスペースが必要となる
・通り抜けるためのスペースが必要

ファミリークローゼット

家族全員分を収納するタイプ。
納戸との違いは、衣類の収納をメインとしている点。
みんなはどうしてる?クローゼット収納

●メリット
・家族の衣類を1か所にまとめて収納できるので、
服の片付けや衣替えなどの衣類の管理しやすい

●デメリット
・人数が多いほど広いスペースが必要
・朝など身支度の時間に混み合う
・子どもが年頃になった時に自室で完結したい場合

まとめ

みんなはどうしてる?クローゼット収納

4つのタイプそれぞれを把握した上で、ご自身に合ったタイプを選択すれば、
使い勝手の良いお気に入りのクローゼットになるはずです。

お家づくりはひとつひとつの「選択」が重要になります!

出来る限り最大限希望を叶えたいと思いますよね?

優先事項を明確にすることはもちろん大切ですが、
「なぜそれを採用したいのか」目的をお聞きすることで、
より良い解決方法を見つけられ1つでも多くのご希望を叶えられるかもしれません。

HARMONYでは、マイホーム計画をされる方それぞれの
「いい家」づくりのサポートができるよう、定期的に個別相談を承っております。


お家づくりにおいてプロである私達にぜひお任せください。

 

PAGE TOP