COLUMN

住宅コラム

住宅金融支援機構(東京都文京区)が民間金融機関と提供するフラット35の2020年3月の適用金利が発表されました。

 

融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の主力タイプの金利幅

1.24%(前月より-0.04%)~1.87%と、今月は金利を引き下げました。

5か月ぶりの金利低下となり1.20%前半台の金利は、魅力的なサービスで提供中です。

 

融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅

1.19%(前月より-0.04%)~1.82%と、中期に関しても引きさげました。

 

融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下の金利幅

1.50%~2.15%です。

 

融資率9割超で返済期間が20年以下の金利幅

1.45%~2.10%以上のようになっています。

今月のフラット35は、全体的に金利を引き下げました。

4か月ぶりの金利引き下げとなっており魅力的なサービスを提供中です。

2020年3月の住宅ローン金利の傾向

今月の住宅ローン金利は、全ての金融機関が、金利を大幅に低下しました。

過去10年にさかのぼってもこれだけ大きく住宅ローン金利が低下することはめったにありません。

要因は、現在大きな問題になっている新型肺炎です。

中国に端を発した新型肺炎は、2020年3月現在、世界中に問題が急拡大しており、世界中で国債が買われ、金利が急低下しております。

さらに米国が利下げに踏み切る等、バブルと言っていい程、足元の金利が低下しています。

景気の事を考えると、決して良い状況とは言えませんが、住宅ローンを利用するのであれば、今は好機と言って良いでしょう。

各金融機関の住宅ローンの金利動向

変動金利

変動金利も全体的に下がりました、じぶん銀行さが更に金利を下げ、ジャパン銀行を抜き最低金利トップになりました。

相変わらずネット系銀行が利益を削りあっている印象です。

固定金利

固定金利も10年固定とフラット35の全期間固定のほとんどの金利が下がりました。

やはり新形肺炎影響をうけて、10年国債の金利低下です。

ちなみに10年固定でのトップも、じぶん銀行の0.55%となります。

2020年2月の住宅ローン金利の動向を総括

昨年から続いた金利上昇がここにきて大幅に下落しました。

住宅ローンの利用を検討している方にとって、3月は大きなチャンスと言えるでしょう。

今後の状況ですが、新型肺炎の問題が落ち着くまでは、金利が低利安定すると予想しています。

実際に比較する際には、保証料や事務手数料、団信のコストなども含めて検討する必要があります。

新規で借りる場合も、借り換えの場合も、いくつかのローンを比較して、トータルでより有利な商品を選ぶようにしましょう。

そして今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、フラット35は、借入時から完済時まで全期間固定型の住宅ローン商品なので、今借り入れた方は35年後の完済時までずっと低金利の恩恵を受けられる…というメリットがあります。

いくら借入時の金利がいくら低くても、何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活…そうなってしまっては元も子もありません。

目先の数字にとらわれず、しっかりとそれぞれの住宅ローン商品のメリット・デメリットを理解し、家族のライフプランに合った住宅ローンを選択しましょう!!

 

※下記のサイトにて、フラット35の金利推移をご確認いただけます。

現在がどれほど低金利であるか? ご参照くださいせ。

http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

【フラット35】の利用を予定している方、住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、いずれにしても、早めに行動へ移すことをお勧めします!!

 

最後に、新型肺炎の影響から2020年3月の住宅ローン金利は、低水準で推移しております。

現在購入を検討している方はもちろん、住宅ローンを借り換えのタイミングを見極めているという方にとって、金利が低い今月と翌月は、検討する価値があります。

住宅ローン金利が低水準にある、この機会を見逃さないようにしましょう。

それでは、また。

PAGE TOP